2014年07月18日

今週のニュース

こんにちは、いわさき司法書士事務所のミサカです。
いかがお過ごしでしょうか?
本日のコイン通りの最高気温は31度!薄曇りながら茹だるような暑さです。

* * *

さて、7月ももうなかばです。
巨大台風の襲来(未遂)からW杯ブラジル代表の悲劇、号泣県議の衝撃会見まで、ニュースの続く今月ですが、個人的にもっとも衝撃を受けたトップニュースがこちら

-----------------------
河出書房新社130周年記念企画

池澤夏樹 個人編集
日本文学全集 全30巻
2014年11月刊行開始!
-----------------------

とにかくすごいんです。この企画。
河出のホームページの紹介では ――『古事記』『源氏物語』から『たけくらべ』まで、不朽の古典作品を第一線の現代作家による新訳で甦らせます。古典新訳を収録する約50年ぶりの日本文学全集となります―― とのこと。
具体的に訳者の面々をいくつか見てみましょう。

1:古事記 池澤夏樹 訳[新訳]
2:口訳万葉集 折口信夫
 新々百人一首 丸谷才一
 (中略)

ふむふむ、納得の重鎮です。

3:竹取物語 森見登美彦 訳[新訳]
 伊勢物語 川上弘美 訳[新訳]
 (中略)

おや…?いきなり時代感が濃くなりました。
『四畳半神話体系」』(2005)や『夜は短し歩けよ乙女』(2006)のヒットで一躍人気作家になった森見登美彦氏ですが、彼の出身は京都大学農学部。大学院在学中の専門は「竹」でした。
しかもデビューは日本ファンタジーノベル大賞。日本最古のファンタジー小説ともいえる『竹取物語』を訳すのにこれほどの作家はいなさそうです。
『センセイの鞄』(2001)の川上弘美は、作中の女性の独白がいつも印象的な、美しい文章の作家です。端正な筆致の裏のひたひたした情熱で、業平の恋情を見事に現代によみがえらせてくれそう。
さて次々見ていきましょう。

6:源氏物語 角田光代 訳[新訳]
7:枕草子 酒井順子 訳[新訳]
 方丈記 高橋源一郎 訳[新訳]
 徒然草 内田樹 訳[新訳]

このあたりもいいチョイスです。
源氏の角田訳はちょっと意外性がなくて普通かな、なんて思いますが(とはいえ与謝野晶子に谷﨑純一郎に、このあたりはさすがに超えられない)、「枕草子」の担当、酒井順子氏は『負け犬の遠吠え』(2003)で“負け犬”(30代以上、未婚、未出産の女性)ということばを流行らせたエッセイスト。21世紀のリアルな清少納言が見れそうです。

8:宇治拾遺物語 町田康 訳[新訳]
(中略)
9:平家物語 古川日出男 訳[新訳]

うーん、おもしろい。とくに『アラビアの夜の種族』(2001)でやりたい放題無茶苦茶な一大抒情詩編をつむいで見せた古川日出男の「平家」が気になります。この人のグルーヴ感あふれる摩訶不思議な文体で、流麗な和漢混交文がどうメタモルフォーゼしちゃうのか。どきどきします。

10:能・狂言 岡田利規 訳[新訳]
 女殺油地獄 桜庭一樹 訳[新訳]
 菅原伝授手習鑑 三浦しをん 訳[新訳]
 (中略)
11:雨月物語 円城塔 訳[新訳]
 通言総籬 いとうせいこう 訳[新訳]
 春色梅児誉美 島本理生 訳[新訳]
 (中略)
13:樋口一葉 たけくらべ 川上未映子 訳[新訳]
 (以下略)

どうでしょう、この面々!
岡田利規氏の「能・狂言」も気になりますし、自他ともに認める浄瑠璃マニアの三浦しをん氏の「菅原伝授手習鑑」もホットです。『仏果を得ず』(2007)なんて人形浄瑠璃ネタの小説も過去にあり。
現在ちょうど映画化公開中の『私の男』(2006)の桜庭一樹が描く、情念渦巻く「女殺油地獄」も見逃せれません。川上未映子の「たけくらべ」も生々しくって実に期待できそう。大好きな「雨月」は円城塔。すごく贅沢。なんてたまらない布陣でしょうか…。

大胆だなと思ったキャスティングが、「通言総籬」のいとうせいこう
山東京伝の「通言総籬(つうげんそうまがき)」は今でいう江戸遊郭吉原のガイド本。担当のいとうせいこうは今は無き伝説的雑誌、「ホットドッグ・プレス」の編集部出身です。さすがに実際には読んだことがありませんが(笑)、HPといえばデート・マニュアルと閨房術で一世を風靡した男性情報誌。まさに現代の…なんちゃって。

* * *

と、いうわけで、いささか語りに熱を込め過ぎてしまいましたが、なんとも、ナントモ、豪華なこの全集。まさに現代に編纂するに相応しい企画です。権威あるクラシカルな全集に馴染んで来た人にも、現代小説を専ら好んできた人にも、じつに新鮮で面白い作品集になるのではないでしょうか。古典ギライの学生さんにもぜひ手にしてもらいたい。なによりわたしが欲しいです!順次刊行、全30巻で¥78,660… ¥78,660… 頭を抱えつつ、本日はこのあたりでフェードアウトいたします。

良い三連休をお過ごしください!
ラベル:読書
posted by いわさき司法書士事務所 at 15:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

こんにちは

こんにちは、いわさき司法書士事務所のミサカです。
いかがお過ごしでしょうか?

今週ももう花金です!
雨の降り続く週前半から一転、青空が広がる週末となりました。
月曜には大きな落雷があり、ここコイン通りでは3分弱の停電も起こり、驚かされました。
間髪なく復旧がありましたが、信号機なども一時すべて消えていたようです。
超大型台風の接近にも警戒させられましたが、幸いここ広島には大きな被害も出ず。
ぐん、と気温があがってとうとう夏本番といった感じです。

それではよい週末をお過ごしください!
posted by いわさき司法書士事務所 at 15:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

とりあえずビール!

こんにちは、いわさき司法書士事務所のミサカです。
本日のコイン通りは梅雨の中日となっております。いかがお過ごしでしょうか。

暦が変わりまして7月となりました。
来週の月曜日は7月7日、ラッキー・ナンバーのぞろ目となることもあって、今月は会社設立のご依頼を多くいただいております。
会社の立ち上げという人生の一大イベントとあっては、少しでも縁起の良い日取りや意味のある記念日などを選びたいという方は多いのではないかと思います。かくいう当事務所も、立ち上げ日は11月11日だったとのこと。
いわさき司法書士事務所では、ご自分で設立される場合の費用とほとんど同じ額で会社設立の煩雑な手続きを代行します。実質手数料39,800円!
お問い合わせ・ご相談はこちらから。

* * *

さて、突然ですがビールはお好きですか?
「とりあえずビール!」派の方、一日のジョッキは大体何杯くらい?

本日は、アメリカの政治経済誌ナショナル・ジャーナルで先日見掛けた会社設立の事例をご紹介します。

* * *

National Journal Online
“Would You Pay $1,000 Once to Get Free Beer for Life?”
より

アメリカ、ミネアポリスの“Northbound Smokehouse & Brewpub”は、2012年にオープンしたパブ。ハウス・ビールが自慢のお店です。オーナーのAmy Johnson氏は、長年の夢であったお店を開業するに当たり、資金として22万ドル、約2200万円を集める必要がありました。しかし彼女には飲食業界での経験もなく、条件のあう投資家は見つかりません。悩んだ彼女にとある友人がこう言います。「1,000ドルくらいなら助けてあげられるけど、それ以上は…」
そこで彼女が思いついたのは、驚きのローンチ・キャンペーンでした。

彼女のパブへの出資するには、次の3つの選択肢があります。
①1,000ドルの出資
お店が続く限りの間、出資人はパブのハウス・ビールが一生無料で飲み続けられます。
②1,000ドルの出資(株式購入)
1,000ドル出資するごとに全株式の0.1パーセントにあたる株(議決権なし)が与えられます。
③5,000ドルの出資
一生のビール飲み放題と、全株式の0.5パーセントにあたる株式が与えられます。こちらは議決権あり。

この募集に対して集まった出資人は118人(内①46人、②42人、③30人)。目標の22万ドルは易々と集まり、彼女はLLC(いわゆる有限会社)を立ち上げるのに成功しました。

* * *

さて、冒頭の質問に戻ります。

“Northbound Smokehouse & Brewpub”で注文される「無料ビール」は一日平均だいたい17杯。コストは一杯あたり40セントそこそこです。
しかも出資人の彼らはビールと一緒に料理を注文するのです。夕食の後はスコッチを飲みたくなったりもします。友達を連れてくることもしばしばでしょう。
「わたしのお店には100人ものチア・リーダーがいるのよ」とはオーナー、エミーさんの言。

お店はこうしていつでも繁盛。出資した人にとっても、一生分のビールを約10万円で買えたと思うと安いもの…?生中500円として、月10杯、二年もせず元は取れそうです。

この開業メソッドは近隣の飲食店にも広まったということで、記事の中ではセントポールのカフェの成功例も紹介されています。

* * *

いかがでしたか?
株式優待の進化版のようなこの出資制度。単なる資金集めに終わらず、熱心な常連客まで作ってしまうという、面白い記事でした。
このようなアイデアを日本にそのまま持ち込めるか、というと、必ずしも簡単にはいかないのではないか、とは思えますが(しばらく検討を課題にしたいと思います)、お店もお客さんもハッピーな素敵なアイデアですよね。

…さて、本日もずいぶん脱線してしまいました!
それではよい一日をお過ごしください!
ラベル:時事 会社設立
posted by いわさき司法書士事務所 at 16:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。